和裁について、製作の西陣織のインテリアミニ着物について書きます。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きものたがそで

和裁士のブログです。オリジナル作品やミニ着物Tagasodeについて。

着物用の反物から作る、簡単子供の半幅帯☆和裁の知識

f:id:tagasode-japan:20170527201106j:plain

こんにちは☆

このblogもお陰さまで毎日沢山の方が見に来てくださるblogになりました。

たまにしか更新できませんが、着物に役に立つ情報を載せて行こうと思います。

f:id:tagasode-japan:20170527201439j:plain

さて、3歳になる娘、被布も暑いので、帯を作ってやりました。

着物生地を半幅帯のように長く、袋状に四角に縫うだけです。

(縫ったところはキセをかけて、表に返します)

芯は入れません。超簡単。

30分も有れば出来ます。

寸法は、鯨尺で3尺5寸の幅、7尺8寸の長さに出来上がりです。

長さは3歳にしては少し長めですが、体が大きくなっても使えるでしょう。

f:id:tagasode-japan:20170527203059j:plain

今回は、アンティークの小千谷紬の反物(着物用)を使用しました。

自分には派手すぎてもう着れない…というアンティークの柄や色は、

子供に着せると丁度良く、可愛らしく着せることが出来ます。

 

この紬なら帯としてなら大人でも半幅帯として使えそうなので、自分用にも作ってみる予定。

ちなみに帯は十八と言う言葉があります。

何でも地味なものを選びがちな人には、帯は若々しいものを奨める時によく使います。その方が垢抜けますね。

f:id:tagasode-japan:20170527204703j:plain

この帯は、和裁経験者なら、説明だけでも簡単に出来ると思いますが、

誰でも作れるように、そのうちもっと詳しく、写真を撮って作り方を載せたいと思います。