和裁について、製作の西陣織のインテリアミニ着物について書きます。

きものたがそで

和裁士のブログです。オリジナル作品やミニ着物Tagasodeについて。

角出し結びの作り帯☆名古屋帯からオリジナルの作り方で☆和裁の知識

f:id:tagasode-japan:20160702181745j:plain

 

こんにちは☆

本日は、角出し結びの作り帯の作り方をご紹介します。

オリジナルに考案しました。

 

現在作っている簡単に着れる業務用の着物用に作っている作り帯の試作に。

3点作りまして、方向性が固まって来ました。

お太鼓結びではなく、角出し結びバージョンで挑戦してみました☆☆

珍しいと思いますので、興味のある方は挑戦してみて下さい。

 

f:id:tagasode-japan:20160721223656j:plain

ちなみに本来、角出し結びは、お太鼓柄で結ぶのは寸法上難しいですが、

この作り帯だと綺麗に柄を出すことも出来ます。

 

ご注意:いろんな寸法の帯がありますので、作り帯に関しての保証しません。

ご参考に各自確認しながら工夫して下さい。

 

材料

八寸名古屋帯あるいは九寸名古屋帯(全通、お太鼓柄なんでもOK)

ヘアゴム

腰ひも2本(一本はお太鼓用、もう一本は胴回り用)

作り帯を掛ける専用の部品↓

 

①はじめに、お太鼓部分と胴回りを裁断する

f:id:tagasode-japan:20160721224014j:plain

早速ですが、裁断します。

お太鼓柄なら、一番お太鼓か遠い方の柄の中心から9寸(34㎝)のところで裁断します。

全通柄なら、手先から6尺(227㎝)です。

f:id:tagasode-japan:20160721224546j:plain

 

裁断できましたら、九寸帯はお太鼓に留めがありますので取ります。

f:id:tagasode-japan:20160721224912j:plain

f:id:tagasode-japan:20160721230116j:plain

九寸帯は上の写真のように芯が見えます。

八寸帯は留めなどはありません。

八寸帯九寸帯ともに裁断したところはジグザグミシンなどで、ほつれないようにかがります。

 

②角出し結び作り帯、お太鼓が盛り上がるための芯を作る。

f:id:tagasode-japan:20160721230349j:plain

さて、上の写真のようにお太鼓柄の場合はお太鼓を作ってみて、天になるところをまち針で目印をしておきます。

全通柄の場合もお太鼓を作ってみて、天を確認します。裁断した所からだいたい1尺3寸5分(51㎝)のところが天だとベスト。

 

f:id:tagasode-japan:20160721230800j:plain

次に帯を裏返して、

まち針をしたところから裁断した方向に9寸(34㎝)のところで折り返します。

上の写真は裁ち鋏の下に見える黄色のまち針がお太鼓の天の印です。

9寸で折り返してまち針で留めてあります。

上の写真の折り返しは4寸5分になってますが短くても長くても大丈夫です。

 

f:id:tagasode-japan:20160721231959j:plain

折り返した状態で裁ち目の辺りを適当に縫い合わせます。

 

f:id:tagasode-japan:20160721232214j:plain

輪っかに縫い合わせたところをヘアゴムで留めます。

上の写真のように、扇子のように折り畳んで下さい。

ヘアゴムは先端から2寸(7.6㎝)で留めています。

これがお太鼓にボリュームをつける芯のような役割をします。

 

③扇子状の芯を留めつけて、手先を入れる為の輪っかを作る。

f:id:tagasode-japan:20160721232708j:plain

上の写真のように輪っかを作ります。

最後にこの輪っかに手先が入りますので覚えていてください。

この状態で帯を裏向けにします。

f:id:tagasode-japan:20160721233246j:plain

お太鼓の天のまち針から2寸(7.6㎝)で折り、上の写真のようにして下さい。

この扇子状の芯の向こう側をまつって縫い留めていきます。

糸は太めのものを2本取りで、頑丈にまつり留めて下さい。

↓↓

f:id:tagasode-japan:20160721233624j:plain

左手で芯を固定しながら、縫っていくと良いと思います。

向こう側だけを留めると↓のようになります。

 

f:id:tagasode-japan:20160721233819j:plain

上の写真は確認ですが、まち針の目印から2寸のところで留めていますね☆

できましたら、ここに腰ひもをかまします。

f:id:tagasode-japan:20160721234255j:plain

腰ひもの中心を上の写真のように縫い留めて下さい。

抜けてしまわないように、糸二本取りを返し針で。

 

f:id:tagasode-japan:20160721234512j:plain

できましたら、上の写真のように腰ひもをかまして、

芯の手前を先ほどと同じように縫いまつって行きます。

f:id:tagasode-japan:20160721234655j:plain

 

こんな風になります↓↓

f:id:tagasode-japan:20160721234950j:plain

 

ここまでできれば後は簡単☆

④お太鼓の形をつくる。

f:id:tagasode-japan:20160722190344j:plain

上の写真のように、扇子状の芯でボリュームがでるようにお太鼓の形を作って下さい。

好きなバランスで良いですよ♪

お好みの角出し結びを作って下さい。

最近はお太鼓は小さめでタレはあまり出さないのがオススメです。

f:id:tagasode-japan:20160722190452j:plain

お太鼓を崩さないように、上の写真の部分を糸で留めます。

しっかり留めて下さいね☆

反対側も同じく。

 

留めたところから留めたところまで、開きますので、縫い合わせます。

まつっても、くけても。

f:id:tagasode-japan:20160722190830j:plain

帯の長さによって、縫い合わせる場所も違うと思いますが、

お太鼓の天を越えないように。

 

f:id:tagasode-japan:20160722191012j:plain

腰ひもをお太鼓の天にくるようにしてここも糸で留めてます。

腰ひもによってお太鼓の天が決まるので大事な部分です。

f:id:tagasode-japan:20160722191557j:plain

 

 ⑤手先を作る。

f:id:tagasode-japan:20160722191647j:plain

胴回りから、手先の部分を切り出します。

手先から1尺(38㎝)と縫い代。で裁断します。

裁断したところはジグザグミシンをします。

f:id:tagasode-japan:20160722191956j:plain

裁ち目が見えないように、少し裏に折り返して、ミシンで縫ってしまいます。

 

これを扇子状の芯の輪っかに通して、角出しの完成です!!

f:id:tagasode-japan:20160722192131j:plain

 

手先が取れてしまうので、気になる方は糸で留めておけば良いと思います。

また、ゴムで留めた部分が芯になりますが、ゴムを調整したり、扇子折りを広げたりすれば、芯にボリュームがでますので、工夫してみてください。

 

あとは、後ろに、作り帯用の部品を取り付けて、角出し結び作り帯(お太鼓部分)の完成!!!

部品は、お太鼓天より3センチくらいに下に付けると、着用した時にお太鼓の位置が高くなって美しいです。

f:id:tagasode-japan:20160827184059j:plain

 

まくらが無いのでとっても軽いんですよ。

胴回りは、もう一本の腰ひもを半分に切って両側に取り付けて出来上がりです☆☆

 

着用時は帯締めをお忘れなく☆