和裁について、製作の西陣織のインテリアミニ着物について書きます。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きものたがそで

和裁士のブログです。オリジナル作品やミニ着物Tagasodeについて。

七五三、お宮参り☆レンタルする?子供着物を購入するタイミングと仕立てについて☆和裁の知識

f:id:tagasode-japan:20160802191747j:plain

 

今年は娘が七五三なので、そろそろ用意を始めています。

三歳用(2歳)なので、被布を準備中。

被布に仕立てるため、白生地を朱色に染めに出す予定です。

 

 

さて、子供の着物は、子供が大きくなっても使えるんですがご存じですか?

着るのは一回きりだし、レンタルにしようと思う方も多いと思います。

でも子供のお誂え着物は、上手に使えばレンタルより品質が良く、お得かもしれません。

 

特にしきたりや儀式を重んじる考えの方は、子供の着物は誂えたものを着せたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

では、子供の着物はどのタイミングで買えば良いのでしょうか?

 

子供の着物について出来るだけ解りやすく解説したいと思います。

 

理想の子供着物の購入の仕しかた

男の子

0歳 初着購入

5歳 初着を身上げして、を購入。

 

女の子

0歳 初着購入

3歳 初着を身上げして、被布購入

7歳 着物はこせこセット(または子供用袋帯)購入

(13歳 7歳の着物を身上げして、子供用袋帯

 

~19歳 振袖一式購入→成人式や親戚、友人結婚式などに使える

20歳~卒業式 手持ちの振袖、小紋、色無地に、袴(帯は浴衣と一緒で半幅帯)のみ購入

 

主な子供の儀式と着物の種類、裏技

★お宮参り、初参り

初着(うぶぎ)

男の子は、主に鷹や虎などの縁起の良い柄行きの初着です。

必ず五つ紋を入れます。(家紋は子供の名字の家紋を入れる。地方にもよりますが、嫁入りした側が用意することが多いです。)色に迷ったときは、長男は黒が良いでしょう。

女の子は、花や毬や熨斗などの縁起の良い柄行きの初着です。何色でもカワイイですが、迷ったときは赤が一番女の子らしくなります。

初着は身上げして5歳の七五三まで使えます。

 

★七五三

数え年にするのが本来ですが、現代では通常年齢でされる方もいます。

お誕生月によって調整される方が多いようです。

また、3、7歳で女の子5歳で男の子が一般的。

 

(三歳)

女の子は、初着を身上げして、まだ幼いので楽に着せられる被布を着せるのがオススメで一般的です。

帯付けもできますが、はこせこ帯にもS,M,Lサイズがありますので、7歳で帯付けする方が良いでしょう。

初着を持っていない方は、被布と着物のセットを購入できますが、7歳で使うことはできません。着物を誂えるなら、四つ身仕立て(八掛けのいらない仕立て方)で7歳でも着られるように大きめに仕立てておくと良いでしょう。

もし三歳の男の子に着せるなら、初着を身上げして、五歳用の袴を購入して、腰板の下で内側につまんで身上げすれば、大きくなっても着せることができます。

 

(五歳)

男の子は初着を身上げして、袴をつけることができます。

初着が無地の紋付き場合は羽織が必要ですが、

ほとんどの場合、初着が絵羽(柄が繋がって沢山入っている)ですので、羽織は必要ありません。

初着を持っていない場合は、羽織と着物の紋付きセットが良いでしょう。

女の子が着る場合は、着物は初着を身上げ、大きめLサイズのはこせこ帯を購入して、7歳でも着ることができるようにしても良いでしょう。

 

(7歳)

通常5歳を過ぎると、初着を着せることは寸法上できません。

7歳になったら、着物を誂えるか、既製品を購入します。

誂える場合は、十三参りに着れるように大きめに仕立てます。本身仕立て(大人の着物と同じ仕立て方)で仕立てます。

絵羽柄の着物を作られる方も多いですが、派手な色の大柄小紋から仕立てるのもとってもオススメ。

簡単に着せられるはこせこ帯を購入する方がほとんどですが、着付けが必要な子供用の袋帯だと十三参りにも使えます。

 

十三参り

(13歳)

女の子は十三参りをします。(地方にもよりますが)

7歳で誂えた着物の肩上げを直して着せます。(肩あげはまだ必要)

腰あげはとって、腰ひもで着付けしても良いでしょう。

 

お子さまも晴れ着には、色んな小物が必要です。扇子や髪飾り。。。

持っている物に応じて上手にセットになっていますので、

必要なものを確認しましょう。

また、だいたい皆さん同じ時期に重なりますので、早めに用意した方が良いと思います。

 

★成人式、他祝い行事(親戚、友人結婚式など)

 振袖はミスの晴れ着となります。

成人式だけでなく、祝賀行事に振袖はどんなドレスよりも美しく淑やかです。

まだお嬢様が高校生でも探しておられる方も沢山います。

男子は五つ紋付き袴です。黒が最も格が高く、用途も広いですが、祝い行事であれば色紋付き袴でもOK。

 

★卒業式

卒業式には袴をつけるのが一般的です。

成人式に作った振袖に袴をつけるだけでかなりイメージチェンジして着ることができます。

袴をつけるだけで、格が上がりますので、小紋や色無地に袴でもOKです。

一般には少ないですが、小紋や色無地には羽織を着ると更に格が高く重厚感が増します。

袴はウールやポリエステルで安くても結構良いものが多いです。

忘れられがちですが、本来は扇子をさして格の高い着物の着方だということです。

男子は成人式と同じ。

 

 

幼い子供の着物は、身上げを調整すれば、肩上げができなくなるまで着せられます。

是非、お正月や誰かの結婚式、お祝い行事に着せてあげると、その場も和んで可愛らしいと思いますよ☆

 

 

1歳で作った娘の被布と四つ身仕立ての着物(普段着用)

(晴れ着は、被布に綿入れをして、縁起の良い柄の着物を着せます)

f:id:tagasode-japan:20160802200738j:plain

 

初着(女の子用)

長襦袢と着物がセットになっています。

紐がついていて、袖は筒袖になっていますが、身上げするときには通常の袖の形にします。

身上げのしかたは素人には難しいかもしれませんが、またブログで紹介します。

f:id:tagasode-japan:20160802201018j:plain