和裁について、製作の西陣織のインテリアミニ着物について書きます。

きものたがそで

和裁士のブログです。オリジナル作品やミニ着物Tagasodeについて。

麻はアイロンは絶対NG。麻着物、麻長襦袢の洗濯のしかた☆和裁の知識

f:id:tagasode-japan:20160817185151j:plain

 

夏の着物といえば、麻ですね!!

通気性が良く、汗の蒸発を妨げないので、夏の着物の王道です☆☆

 

夏の長襦袢でポリエステルを着ている方は、はっきりとやめた方が良いです。

是非、本麻の長襦袢を購入してほしいです。

けっこうお安くあるみたいですし。

ポリエステルの長襦袢は汗が蒸発しにくく、外出サウナ状態です。

 

 

 麻のきものと長襦袢は水での洗濯OKなのです☆

 

ちなみに、

どんなにきものクリーニングをしてもドライでは汗は落ちません。

麻の着物、長襦袢は水洗いできるのも大きなポイントですね☆

(余談ですが夏冬に限らず、絹の着物も水洗いしないと汗はとれません。着物クリーニングは汚れはとれますが、大事な着物は沢山着て生地がへたって来たら、ほどいて洗い張りして水に通すようにしましょう。)

 

では、麻の着物、長襦袢はどのようにしてお洗濯するのかご紹介☆

めんどくさがりでも大丈夫です☆☆

洗濯苦手な男性でもできるお洗濯です。

●麻の長襦袢を洗濯する。

今回は主人の麻長襦袢を洗濯します。

 

麻の長襦袢を洗濯用ネットに入れる。

洗濯機でまわすと長襦袢に負担がかかるのでネットにいれましょう。

軽く畳んで入れるとシワがマシになります。


洗濯機に入れて、洗剤も入れて、普通に洗濯する。(ぬるま湯などは×。必ず水で)

普通に脱水。

ここで大切なのは、

絶対にお湯やぬるま湯を使ってはいけません。

麻は熱で大きく縮んでしまうので、必ず水を使用します。

洗剤は通常のものでも大丈夫です。各自、色落ちなどは気をつけて下さい。

f:id:tagasode-japan:20160817191852j:plain

脱水したあとの長襦袢、シワシワでも大丈夫☆

アイロン無しで真っ直ぐになります。


脱水した長襦袢を半乾きのまま、シワをのばしながら畳む。

f:id:tagasode-japan:20160817192027j:plain

いつも通りに長襦袢をたたみます。

軽くシワをのばしながら。

f:id:tagasode-japan:20160817192255j:plain

f:id:tagasode-japan:20160817192421j:plain

こんな感じにたたみ終わりました。


畳んだ状態でハンガーにかける。

f:id:tagasode-japan:20160817192337j:plain

畳んで輪になっている方からハンガーを入れて、真ん中で持ち上げます☆

ハンガーは太くて折りシワになりにくいのがあればより良いですね(写真のハンガーは折りシワできやすい...)

f:id:tagasode-japan:20160817192704j:plain

 


風通しの良いところで陰干しする。

f:id:tagasode-japan:20160817185151j:plain

麻は熱で縮んでしまうので、陰干ししましょう☆

乾くのに時間がかかるので、風通しの良いところで干しましょう。


外側が乾いたら、内側が乾くようにハンガーにかけ直す。

f:id:tagasode-japan:20160817192608j:plain

外側がある程度乾いたら、

まだ内側が乾いていないと思います。

ハンガーをかけ直して、もう少し干します。

そのため、干すのに2日はかかります。


乾いたら、アイロン不要!!!そのままたとう紙に☆☆☆

f:id:tagasode-japan:20160817193928j:plain

乾いたものを、そのままたとう紙に入れています。

生地も張りがあり真っ直ぐに☆☆

 細かいシワは麻の質感なのでアイロンで伸ばすようなことはしない方が良いです。

素人が麻の生地にアイロンをかけるのはやめた方が良いです。

とくに、着物や長襦袢はほんとうに縮みます。

和裁士は麻が縮まないようなアイロンがけを極少なくかけます。

とにかく、麻は熱でびっくりするほど縮むということを知って頂きたいです。

 

麻の着物を洗濯する。

麻の着物は、洗濯機も使えるのですが、

アイロンをかけないやり方なので、着物は細かいシワができると残念です。

ということで、手洗いで洗うのですが、行程を簡単にしちゃいましょう。

今年はまだ洗っていないので写真はないですが、簡単なので文章でご紹介☆

宮古上布や芭蕉布などの高級夏着物上布もこの方法で洗濯します。

上布は洗って沢山使ったほうがしなやかで着やすくなります。

 夏着物はシーズン終わりに洗濯すると良いでしょう♪

 

まずはお風呂場へGO

気になる汚れがあれば、あらかじめ石鹸と水でとっておく。(必ず水で)

着物を普通のハンガーに掛けて、お風呂場に掛ける。

麻着物に、シャワーで水をかける。間違ってもお湯を出さないように!!

シャワーの水で麻着物の汗を流す。

そのまま、水がボタボタのままお風呂に干しておく。

ある程度経ったら乾いてきます。

水がボタボタしなくなって、半乾き、まだ湿ってるなというところで、お風呂から出して

ゴザの上で生乾きで畳みます。

もちろん、シワを軽くのばしながら。

着物の畳みかたで仕上がりが決まるので、美しく畳みましょう。

生乾きのままゴザでくるんで上から座布団などで重しをします。

幅の広い重しがあることで、ペッタンコに、シワも自然にのびます。

アイロン不要!(というかアイロンはだめ☆)乾いたらそのままたとう紙に☆

 

生乾きでゴザにくるむのは抵抗があるかもしれませんが、

ゴザは通気性もありますし、麻は乾きも早いので心配はいりません。

ゴザがなければ、たとう紙で一度やってみましたが、さすがにたとう紙が濡れますのでご注意を。

アイロン不要で簡単に、驚くほど美しく仕上がりますので、是非やってみて下さい☆☆

 

tagasode.ocnk.net